The Heritage Foundation

Japanese Newsletter

March 14, 2013

March 14, 2013 | Japanese Newsletter on

オバマケアでハンバーガーが値上げ!

オバマ夫妻の好物で知られるハンバーガー屋、ファイブ・ガイズを8店舗経営するマイク・ルーファはヘリテージのランチ・ゼミナールで「オバマケアのせいで ハンバーガーを値上げせざるを得なくなる。」と語った。予算の自動削減の期限とされた3月1日は過ぎたが、何かが起きるわけではなく、相変わらず、交渉中 だ。

オバマ夫妻の好物で知られるハンバーガー屋、ファイブ・ガイズを8店舗経営するマイク・ルーファはヘリテージのランチ・ゼミナールで「オバマケアのせいでハンバーガーを値上げせざるを得なくなる。」と語った。

 予算の自動削減の期限とされた3月1日は過ぎたが、何かが起きるわけではなく、相変わらず、交渉中だ。

 今週、共和党と民主党の上院議員が予算案を発表した。国防のために防衛費は維持し、健康保険など恒常的に経費が嵩む社会保障費の削減を主張する共和党の下院予算委員長のポール・ライアン下院議員が防衛費に上限を設けるという妥協案を入れた予算案を発表した。一方、オバマ大統領率いる民主党の上院予算委員長パティ・マーリ上院議員は、一兆ドルの増税が必要な予算案を提出している。

 そんななか、ヘリテージ財団は、オバマケアに反対するフォーラムを行っていた。

 その1つが、「オバマケアで雇用がパートタイム化する」と言うタイトルのランチョン・ゼミナールだ。そこで、ルーファ社長は上記の発言をした。

 現在、彼の会社には147人の従業員がいるが、そのうち週に30時間以上働く正社員になっているのは60人だ。もし、この60人に健康保険を与えないと、彼は6万ドルの罰金を支払うことになる、という。

 オバマケアでは50人以上が週に30時間以上働く会社は健康保険を提供することが義務付けられている。

ルーファは、オバマケアが実行される2014年になると、「会社はいくら健康保険料が必要になるかわからない」と語り、「ビジネスを続けるためには雇用を抑えるしかない」と語った。

現在、アメリカでは、250万人のパートタイム雇用が増えたといわれる。これは前年度の全雇用の5分の1にあたり、パートタイム雇用の急激な伸びを、モデレーターをつとめたヘリテージ財団のレイ・ヘダマン研究員は指摘した。さらに、連邦準備銀行は、ビジネスが雇用を拡大しない理由はオバマケアとしていると続けた。

NFIB(National Federation of Independent Business)のロバート・グレイボーイズ博士は、「例えば、バージニア州では、週の雇用時間が29時間以下におさえられている人が3万7千人に上る」と語り、労働者への弊害も強調した。

また、グレイボーイズはアメリカでは、イノベーションは中小企業から起きているにもかかわらず2007年以降、中小企業の雇用が増えていないことに懸念を示していた。

 翌日、アイオワ州のベテラン下院議員のスティーブ・キングは、ヘリテージ財団の招待者オンリーのフォーラムで予算を健全化するためには、オバマケアを阻止することが最大の課題であると強調した。

 さらに、5月18日以降に、債務は上限に達するので、債務の引き上げがまた議論されるようになる、と警告していた。

 オバマ大統領と共和党議会の戦いはまだまだ続く。

 

キャピトルの丘

 予算をめぐる場外乱闘を1つ紹介しよう。

オバマ大統領は、3月に入りホワイトハウスの一般公開を予算を理由にとりやめた。

ホワイトハウスへの入場チケットを手に入れ、ホワイトハウスに行くことを楽しみにしていた子供たちの失望は大きい。失望しているのは子供たちだけではないだろう。

それに対し、共和党は、オバマ大統領は債務の引き上げやむなしの雰囲気を作るといういつもの手を使い始めた、と見ているようだ。

そこで、共和党の大統領選に挑戦したギングリッチ元下院議長とトランプ社長が共和党らしい解決策を示した。

ギングリッチ元下院議長は「トランプがその費用をうけもってやればいい」とつぶやくと、トランプは「それも良い考えだ。私の基金を使おう」とテレビで発言している。

なんともアメリカらしい応酬である。

しかし、二人のやり取りの翌日、ホワイトハウスの上級アドバイザーのダン・フェイファはオバマ政権はトランプの申し出は受け入れられないとCNNで語った。

ファイファは、ホワイトハウス・ツアーはシークレットサービスのプログラムであるため個人資金を使うことはできない、とした後、だから、自動削減を回避しなければならない、と強調した。

About the Author

Kumi Yokoe, Ph.D. Senior Visiting Fellow, Japan
Asian Studies Center